経口避妊薬は性行為以外にニキビの改善もできる

日本では性行為をする際の避妊方法というとコンドームを用いる場合が多く、あまり経口避妊薬は普及してはいませんが経口避妊薬の存在自体は知っている人も多いです。
ただ、あまり普及していないために避妊効果がある事は知っていても、それ以上の事は関心が無い限りは知識が無いのも珍しくないです。
経口避妊薬は単に性行為の際の避妊のためだけではなくその他にも様々な利用方法があり、その一つとして皮脂を抑える事によるニキビの改善が挙げられます。
避妊とニキビ改善がどのように関連あるのか分からないかもしれないですが、それを簡単に説明します。
まず、経口避妊薬はどのようにして避妊するのかというと、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二つの女性ホルモンによって排卵を抑制して常に妊娠している状態を作っているのです。
この二つの女性ホルモンの量が変化すると体調に様々な影響を与えますが、ホルモンバランスが乱れて皮脂が過剰分泌されてニキビが出来てしまうという事もあります。
経口避妊薬を摂取する事によってホルモンバランスを調整する作用があり、バランスが整えられる事によって皮脂の過剰分泌を抑えてニキビを改善する事が出来ます。
ただ、経口避妊薬は初期はホルモンを摂取する事による副作用として吐き気や頭痛などの軽い副作用が起きやすく、ホルモンバランスが整うには決まった時間に服用しつつ、しばらく服用を続ける必要があります。
この他にも月経困難症や生理の調整などにも利用する事が出来ますので、性行為で妊娠しないようにするためだけではなく、様々な用途で経口避妊薬は利用されています。
日本では病院で医師に処方をしてもらう必要があるためにドラッグストアなどで手軽に購入できないのが難点ですが、上手く活用する事で様々な用途に役立ちます。