経口避妊薬を用いた諸症状の改善方法においては太らない

経口避妊薬は、経口避妊薬として本来の使用方法がされていることはもちろんですが、今日においては生理周期の安定化や更年期障害の改善、加えてニキビの治療に際しても使用されています。
本来の使用方法以外の面において、様々なメリットが存在するものの経口避妊薬を使用し始めてから太ったという声が多いという実情があります。
しかし、経口避妊薬を使用することで太ると言われているのは、経口避妊薬自体に要因があるのではなく、経口避妊薬を服用することによるホルモンの変化によって起こる食欲増進に起因するものです。
経口避妊薬を服用することによって太ってしまうのであれば、対処方法が難しいものになりますが、自らが食事制限をすることにより制限できるので対処可能である事案と言えます。
現に、女性ホルモンが多量に分泌される妊婦さん達は食欲が高まるため多くの方々が食事制限をしており、病院で指導されることも珍しくありません。
こうした事案と同じく、経口避妊薬を服用することで体重が増えてしまったという方は、食生活を今一度見直すことが適しています。
仮に、食生活も生活習慣も変化していないのに体重のみが増加してしまったのであれば、ホルモンの影響によるものと言えます。
しかし、以前まで主流とされていた中用量ピルであればホルモンが要因で皮下脂肪がついてしまうという可能性もありますが、今日主流となっている低用量ピルでは極めて低く太らないとされています。
こうしたことから、現在主流として出回っているピルでは通常太らないと言えることができ、太らないとされているのにも関わらず、体重が増加してしまった場合は食生活を見直したり、医師に相談してみましょう。